女神の街

東京都の郊外にある多摩地方。その中でも東のほうに位置する調布市には、「自由の女神」という呼び名があります。
自由の女神は、本を小脇に抱え松明を掲げたその像がフランスとアメリカにありますが、ここで言う「自由の女神」とは像のことではありません。
調布市を真上からとらえた航空写真を見てみると、その答えが分かります。というのも、航空写真から調布市を切り抜いてみると、ちょうどその輪郭線の形が、松明を掲げた「自由の女神」に見えるのです。

そんな益体もない話から入りましたが、この文章のテーマにまったく露ほども関わらないということはありません。
同じように、「女神」の話をここではするつもりだからです。つまり、女性たちについての話を。
彼女たちとは、デリヘルのお店に電話して指定した場所で待っていると、出会うことが出来ます。ドアがピンポンと鳴って、開けてみるとそこに立っているということになっているのです。

デリヘルとは、デリバリーヘルス、つまりヘルスのプレイを一緒に楽しんでくれる女性を、派遣してくれるという風俗のお店です。
調布市では、風俗店の中でも特にこの派遣型のお店が主流になっているのです。
例えば都心の街のように、賑々しく淫猥な雰囲気を漂わせるネオンや店構えの風俗店が、ならんでいるわけではありません。
調布市は、そういう面では表立っては見せない大人しい街だといえるのです。ネオンサインを掲げるべき店舗を持たず、電話1本で女性を届けてくれるデリヘルで、ひっそりと人々が楽しんでいる街なのです。
デリヘルが多いのには、このエリアが郊外のベッドタウンであるという事情も絡んでいます。

<こんなサイトをご存知ですか?>
少し寂しい夜に調布市 デリヘルで遊びたい方はこちらをチェック!

2014年12月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031